慰謝料の計算式

慰謝料の中でも、通院や入院で使用した医療費を支払う慰謝料に関しては、計算式が存在しています。計算式というと、税金のように厄介で面倒というイメージを持ってしまう人もいるでしょう。しかし、税金の計算のような厄介なことは一切ありません。最初に知っておくべきことは、自賠責計算式と任意計算式です。文字を見ればどのようなことなのかわかる人もいるでしょう。

自賠責計算式は自賠責保険の計算基準で、こちらは法律で決められています。慰謝料は1日4200円で、通院日数と治療期間のうち、どちらか少ない日数をかけた金額が支給されます。しかし、実際には十分な慰謝料を支払うことはできません。そこで任意計算式が重要になるのです。任意計算式は通常の基準と弁護士基準が存在しているので、多くの人が弁護士に相談し、保険会社と交渉してもらうのです。

インターネット上にも一覧表が記載されているので、任意基準の慰謝料計算式、弁護士基準の慰謝料計算式などと検索すれば、すぐに発見することができるでしょう。ただし、一般的な任意計算式は、多少減額や増額されるのが一般的です。当然保険会社は支払いを少なくしようと考えるので、少々慰謝料が高くなる弁護士基準の慰謝料計算式を参考にするのがよいでしょう。

交通事故時の慰謝料に関する情報を紹介します