交通事故の慰謝料

交通事故には物損事故と人身事故があります。物損事故の場合には、壊した物に対して弁償するための料金を支払えば解決となるのですが、人身事故の場合にはいろいろと面倒なことがあります。まず加害者があまりにも悪質な運転をしていた場合には、刑事責任が課せられてしまうので、懲役刑になるケースもあるのです。しかも点数が加算されてしまい、免許の取り消しや免許停止処分を受けることもあるでしょう。他にも被害者に対して慰謝料を支払わなければいけなくなることもあります。

慰謝料には大きく分けると2種類存在しているのですが、1つ目は入院や通院の際に使用した料金を支払うことです。もちろん交通事故が原因で病院へ行った、もしくは治療を行った料金を支払うことになるので、それ以外のことで料金を支払う必要は一切ありません。そのため、人身事故であるという証明がなければ慰謝料を支払う必要はないのですが、まずは事故現場から救急車で病院へ行くこと、そして診断書を提出して承認してもらうことです。

これで人身事故として処理されるので、通院や入院の費用を加害者が負担することになります。2つ目は後遺症を負った場合に支払う慰謝料なのですが、後遺症は等級によって決定されるので、どのような等級なのかによって支払う料金も変わってくるでしょう。もちろん診断書が必要になるのはいうまでもありません。当サイトでは交通事故の際に支払う慰謝料について詳しく紹介しているので、いざというときに参考になればと思います。

交通事故時の慰謝料に関する情報を紹介します